マンションを高く売るコツとは

>

その営業は信頼できる人ですか?

なぜそのようなことを聞くのでしょうか。
信頼できない営業マンに頼んではいけないのでしょうか。
そもそもそのような営業には頼まないと思いますが、信頼できる人に頼んでおきたいという理由をご紹介します。

信頼できない人は売れないからと言って値段を下げられることもあります。
売るためには内覧がとても重要なポイントです。
その内覧者が少なくては売れないことになってしまいます。
そこで営業マンが値引きの交渉をしてくるのです。
そうした時に査定額から下がっていき、結局他に頼んだほうが早く売れて、金額もさほど変わらないということもあります。
むしろ金額が上がったという場合もあります。
信頼できる人に頼めば、熱心に売る努力をしてくるのでそのような人にお願いをしてもらえればと思います。

注意が必要な営業マン

・専門用語を多用する
難しい専門用語を使って会話をする人は要注意です。
わからないことはきちんと聞いておきましょう。

・メリットだけを話す
悪いことばかりも聞きたくはないですが、いいことばかり話されていても仕方ありません。
きちんとデメリットも説明してくる人にお願いをしましょう。

・販売用の図面を見せない
どのような方法で売っていくのかを明記した書類を見せてくれるかどうか重要です。
販売するにあたってどのように売るのかを書面で解説してもらいましょう。

・価格を下げる説明が不明瞭
下げる理由が売れないからや下げたほうが売れやすいというのは売れる努力をしていない証拠です。
下げるならどうして下げるのかきちんとした理由を聞きましょう。

・高く売るためのアドバイスがない
こうしたら高く売れるよというアドバイスがない営業は経験が足りません。
きちんと経験のあるセールスに頼みましょう。


注意が必要な業者

この記事をシェアする